前へ
次へ

知人の結婚式のために筆ペンの練習

普段私は筆や筆ペンを使うことがなく、もっぱらボールペンです。
しかし知人の結婚式に招待され、これをきっかけに少し筆ペンの練習をしなければと考えました。
結婚式で筆ペンを使わなければならないシーンはかなりあります。
まずはご祝儀袋の表書きと中袋、それから芳名帳です。
最低限、自分の住所と名前ぐらいは筆でも書けた方がいいでしょう。
素人が草書や行書で書くと汚らしくなるので、楷書できっちり書くことを目標にしました。
ネットなどで書道のお手本が見られるサイトもあるので、自分の住所や名前を出力して参考にするのもおすすめです。
筆は中ほどを持ち、宙に浮かせたまま書くので、ちょっとしたコツが必要です。
芳名帳は受付の人の前で書かねばならず、ぶっつけ本番だとかなり緊張するかと思います。
事前に練習していったことで多少落ち着いて書けました。
結婚式へのお呼ばれはただでさえ緊張感があるので、手が勝手に動いて書けるくらい練習しておいてちょうどいいかもしれません。

Page Top