前へ
次へ

マナーにのっとった袱紗とご祝儀袋の選び方

最近の結婚式ではたいてい受付でご祝儀を渡しますが、そのときにきちんと袱紗を使うのがマナーです。
袱紗というのは「大事に持ってきました」という意味があるので、受付までは袱紗のまま持っていき、そこでご祝儀袋を出して渡しましょう。
色はなんでも構いませんが、慶事では黒やネイビーはタブーです。
紫色のものだけは慶弔両用なので、まず一つ買うなら紫色のものがおすすめです。
使い慣れている人なら風呂敷でもいいのですが、慣れないと受付でもたついてしまいますので袋タイプのものがいいでしょう。
受付で袱紗からご祝儀袋を出すときは、左手に持って右手で開きます。
弔事では向きが逆になるので注意しましょう。
ご祝儀袋は最近ではスタイリッシュなデザインのものもたくさん出ています。
上司など改まった関係の時は白が無難ですが、友人へのご祝儀袋ならデザイン重視でも構わないでしょう。
ただ、中に入れる金額と釣り合うようなご祝儀袋を選ぶのがマナーです。

Page Top